糖尿病・内分泌内科

当院の糖尿病・内分泌内科のご案内です。

日本において、現在、約2000万人が糖尿病およびその予備軍と推定され、今なお、進行した合併症を契機に治療が開始される方も多くいらっしゃいます。

血糖値が高くなると、のどの渇き、頻尿、水分を多く取る、体重の減少などの症状が出現し、状態が悪化すると、意識障害や死に至ることまであります。

糖尿病は、成人の失明原因の第2位、そして年間1万6千人程度の患者さんが糖尿病により透析導入となっています。同時に、心臓、脳、足などの動脈が狭くなり、心筋梗塞、脳梗塞、足壊疽(えそ)の原因となり、生命を脅かすこともあります。また、感染症にかかりやすかったり、傷が治りにくかったり、重症化する事もあります。

糖尿病は、早い段階の治療開始により合併症を予防・阻止できることが知られています。日常の自己管理が重要であり、病気に対する十分な知識を持ち、その知識に基づき、自己管理(食事・運動・薬物療法)を行い、血糖コントロールを行う必要があります。

また最近、新しい飲み薬、注射(週1回などが)が登場し、治療の選択肢が増えてきています。体質、生活などに合った薬を選べる時代になり、血糖値のコントロールもしやすくなってきました。また糖尿病の原因は運動、食事、睡眠やストレスなど、生活習慣の中にあることがほとんどです。改善のカギも日常生活のなかにあります。ですから、患者さんとコミュニケーションをとりながら、いっしょに改善のカギを見つけていきます。お薬を使わなくても生活習慣の改善で、よくなるケースもあります。

年1回は、健康診断を受け、血糖値の上昇を指摘されたら、早めに病院を受診し、治療を開始されることをお勧めします。

当科では、治療のご提案や、食事指導を含めた糖尿病に関する知識の提供、また当院や鹿児島大学病院と連携した教育入院も実施しております。

また、甲状腺、副甲状腺、下垂体、副腎などの内分泌疾患についても鹿児島大学病院と連携し、診断・治療を行っています。

外来日

外来診療担当医表をご覧ください。

当科を受診される際には他の医療機関からの紹介状をご持参下さい。

糖尿病・内分泌内科医師の紹介(2023年4月1日現在)

  • 糖尿病・内分泌内科医長

    伊集院 太生

    Taisei Ijyuuin

    専門・資格・所属学会等

    • 日本糖尿病学会専門医
    • 日本内分泌学会専門医(内科)
    • 日本内科学会総合内科専門医
  • 糖尿病・内分泌内科医師

    足達 沙織

    Saori Adachi

    専門・資格・所属学会等

    • 日本内科学会
    • 日本糖尿病学会
    • 日本内科学会

2022年度糖尿病・内分泌内科診療実績

糖尿病外来患者数

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
初診 6 1 2 5 0 1 2 2 4 0 5 5 33
再診 105 101 131 120 125 120 108 112 119 116 103 150 1,410
111 102 133 125 125 121 110 114 123 116 108 155 1,443

糖尿病入院患者数

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
入院 4 3 3 2 2 4 0 2 4 1 1 2 28

疾病分類

1型糖尿病 11
2型糖尿病 266
その他 55
内訳 バセドウ病 16
甲状腺中毒症 4
橋本病 4
褐色細胞腫疑い 3
低カリウム血症 3
甲状腺機能低下症 2
続発性副腎皮質機能低下症 2
腺腫様甲状腺腫 2
低血糖 2
一過性甲状腺機能亢進症疑い 1
副腎腺腫 1
原発性甲状腺機能低下症 1
低ナトリウム血症 1
骨粗鬆症 1
甲状腺腫瘍 1
副腎癌 1
原発性副甲状腺機能亢進症疑い 1
原発性アルドステロン症 1
高脂血症 1
アジソン病 1
リウマチ性多発筋痛 1
腫瘍性水嚢胞 1
結石性腎盂腎炎 1
高カルシウム血症 1
単純性紫斑病 1
高ナトリウム血症 1
総計 332