霧島市立医師会医療センターでは、
「がん相談支援センター」を設置しております。

がん相談支援センター 」とは、全国に設置された、がんの相談窓口です。

「がん相談支援センター」では、がんに関する治療や社会復帰、療養生活全般、地域の医療機関などについて相談することができます。
患者さんやご家族のほか、地域の方々はどなたでも無料でご利用いただけます。ご相談の内容に応じて、医療ソーシャルワーカー、公認心理師、専門の看護師(緩和ケア、化学療法、皮膚排泄ケアなど)、薬剤師、管理栄養士など、各分野の専門スタッフで対応させていただきますのでご安心下さい。

経済的負担や支援について

  • 活用できる助成・支援制度、介護・福祉サービスを知りたい
  • 介護保険の手続きを知りたい
  • 仕事や育児、家事のことで困っている

がんの予防や検診について

  • がん検診はいつ、どこで受けられるか
  • がん検診で再検査の通知が来て、不安でたまらない

医療者とのコミュニケーション

  • 担当医の説明が難しい
  • 医療者に自分の疑問や希望をうまく伝えられない
  • 何を聞けばよいのかわからない

検査・治療・副作用

  • 自分のがんや治療について詳しく知りたい
  • 担当医から提案された以外の治療法がないか知りたい
  • セカンドオピニオンを受けたいが、どこに行けばよいか

患者さんやご家族の心のこと

  • 気持ちが落ち込んでつらい
  • 思いを聞いてもらいたい

療養生活の過ごし方

  • 治療の副作用や合併症と上手に付き合いたい
  • 自宅で療養したい

社会との関わり

  • 病気について、職場や学校にどのように伝えればよいか
  • 仕事を続けながらの治療はできるか

緩和ケア

  • 地域で緩和ケアを受けられる病院はあるか
  • 治療を続けながら緩和ケアを受けるにはどうしたらよいか

生活のことや、治療や療養に伴う疑問や不安を誰かに話すことには抵抗があるかもしれません。また、相談した内容が他者に知られてしまうことへの心配もあるかもしれません。しかし、ご相談いただいた内容が、あなたの同意なしに他者に知られることはありません。また、匿名でのご相談も可能です。

●希少がん、小児がん、AYA世代のがんに対する治療や支援に関するご相談もお受けしております。
●妊孕性温存療法、がんゲノム医療に関するご相談もお受けしております。

ご相談・お問合せ先

080-1605-7469(専用電話、直通)

080-1605-7469(専用電話、直通)

※FAXやメールでのご相談はお受けしていません。

受付時間|月~金曜 10:00~16:00(土日祝日、年末年始除く)

所属スタッフ:看護師2名、公認心理師1名、医療ソーシャルワーカー1名

ご相談は、がん相談支援センターに直接お越しいただく方法と、電話でお話を伺う方法があります。ご相談は無料となっておりますが、おひとり30分程度を目安とさせていただきますので、事前に予約しておくことをおすすめします。また、ご相談の内容によりましては、後日改めてお受けする場合があります。
資料やパンフレットなどの準備もございますので、お気軽にご利用下さい。

がん交流サロンのご案内

当院ではがん交流サロンとして、院内外の患者さん、ご家族の方が、ともにそれぞれの経験を語り合ったり、知りたいと思う情報に触れる場を設けています。
看護師・薬剤師・公認心理師・ソーシャルワーカー等多職種が会に参加し、疑問に思ったことや困っていることにお答えしています。
予約は不要ですのでお気軽にお立ち寄りください。

参加費:無料
対象者:当院に通院されていなくても、どなたでも参加できます。
※日時・場所や具体的な内容については、がん相談支援センターまでお問い合わせください。

<お問い合わせ窓口>

がん相談支援センター

080-1605-7469(専用電話、直通)

080-1605-7469(専用電話、直通)

受付時間|月~金曜 10:00~16:00(土日祝日、年末年始除く)